国民健康保険や年金を払ってない家族を自分の扶養家族にできるか?

国民健康保険料も払っていない、国民年金も払っていない、自営業で確定申告もマトモにしていない、こういう人が世の中には結構存在します。

この手の人にはざっくり二つパターンがあります。

(1)所得を掴まれていて、国民健康保険料等の督促が来てるけど払ってないケース→差し押さえを食らう可能性があります。そもそも財産があれば、ですが。
(2)所得ゼロと認識されていて、国民健康保険料等はほぼミニマムの支払で済んでいるケースですね→何千円かを払えばチャラになりますね。

現金商売で売上を適当にできる方々の場合は(2)が多いかもしれませんが、それもできない人は(1)になってもがき苦しむパターンです。

 

さて、このようなAさんが存在していたとします。

 

で、Aさんの家族(たとえば子供さん)が不憫に思って、このAさんを扶養家族として迎え入れようとします。

このとき、この子供さんにはリスクが発生するのでしょうか?
また、この子供さんの扶養になることでAさんにリスクは発生するのでしょうか?

 

答えは、今のところNOです。

 

Aさんの子供さんが中小企業で働いている場合、おそらく協会健保に加入していると思われます。
この協会健保は、Aさんが国民健康保険を滞納したりしてグチャグチャになってることも国民年金を払ってないことも情報として入手できないのです。
なぜなら、組織が全くベツモノだからです。役所の横つながりのなさの弊害と呼べるでしょう。

 

ただし、2016年から始まるマイナンバー制が適切に導入されたとすれば、この弊害は完全に解消されることになります。
つまり、Aさんの国民健康保険の滞納も、理論的にはAさんの子供の扶養に入った時点で色んなところにOPENになっているはずなのです。

色んな意味で2015年のうちに整理して綺麗にできるところを綺麗にするというのは必須かもしれません。
バレてから払うとなるとペナルティは大きいです。

 

2015年はターニングポイントの年です。

海外ビジネス・グローバルビジネスの成功のためのメルマガ:世界ビジネスウルルン紀行

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ